GSX1400 タイヤ交換

待ちに待ったゴールデンウィーク到来!!

楽しんでおられる方が多いのではないでしょうか!

ちなみに私の友人は11連休と言っておりました・・

羨ましいですね・・・


今週も当店PITにてタイヤ交換をさせて頂いた車両をご紹介いたします!

車両 SUZUKI GSX1400

GSX1400 全体.JPG

コンチネンタル製「ContiRoadAttack2 EVO」 にて前後タイヤの交換をご依頼頂きました!

ContiRoadAttack2 EVO .jpg

 コンチネンタルという名はバイクではあまり馴染みがないかもしれませんが、1872年より続くドイツの老舗タイヤメーカーであり、4輪ではBMWなどの高性能高級車に使用される高品質なタイヤを作っているメーカーです!

バイクのほうでもBMWの最近の車両に純正採用されたり、Z1000MKⅡなど旧車が走る有名なレース「テイストオブ筑波」においてコンチネンタル製タイヤを装着した車両がほぼ表彰台を独占する等、品質や性能の高さから注目のタイヤメーカーです!

今回はそのコンチネンタルより、スポーツツーリングカテゴリの「ContiRoadAttack2 EVO」をご指名いただき、装着させていただきました!

GSX1400 コンチ.JPG

 独特なパターンがカッコイイですね!

・フロント

GSX1400 フロント.JPG

・リア

GSX1400 リア.JPG 


・前後タイヤ交換費用・

※セール期間中は通常価格より10OFFにて販売させて頂いています。


前タイヤ 23,700(税抜)

後タイヤ 31,300円(税抜)

タイヤ処分料 2 500(税抜)

1250(税抜)


交換工賃(一般車 前タイヤ) 2,200(税抜)

交換工賃(一般車 後タイヤ) 2,800(税抜)

――――――――――――――――――――――

合計     60,500(税抜)

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください。


ブリジストンやダンロップといったメジャーなメーカーに比べると少し割高になってしまいますが、その分ワンランク上の安心感や楽しさが得られると思います! 


残念ながら在庫ではご用意がございませんが、お取り寄せは承れますのでもし気になる方はぜひ当店にお問い合わせください! 


藤沢市にお住まいのお客さま、タイヤ交換のご相談はぜひナップス横浜店まで!



店舗詳細へのリンク

https://www.naps-jp.com/shop/10028


交換工賃へのリンク

https://naps-jp.com/web/pit/kochin_tire.html


電話番号・お問合せフォーム

https://www.naps-jp.com/shop/10028/contact

軽トランポ生活、はじめました

長らく御無沙汰しております、ナップス横浜店ブログ担当Aでございます!

ようやくネタ切れと言う名の冬眠から覚め、執筆させて頂きます!!

さてさて、今回のブログのネタとしましては・・・。

暖かくなってきたこの時期(本日4月27日は生憎のお天気、気温ですが)バイクで色々と出かけたり、バイクを色々とカスタムしたり、バイクを色々とメンテナンスしたくなります。

そんな中、あると便利なのが、【バイクを積載できる車両】です!

海外ではピックアップトラックが主流ですが、湿気が多く、雨もそれなりに多い日本では、ハイエースやキャラバンと言った、箱型ワンボックス車両が定番です。

しかし・・・、車両価格が中々・・・。そして維持費も中々・・・。

家族からは『そんな大きなクルマ運転できないから要らない!』なんてお言葉も・・・・orz


なんとかバイクが積載出来て、ボディ・維持費共にコンパクトな車両は何かないものか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・!!

閃いたブログ担当A

017675b199c41b7f850fc3cce0e6538c05f44983f0.jpg
ハイゼットならぬ、ピクシスです

軽トランポ生活はじめました。


ある意味日本で最も走っている車両ではなかろうか、と言うこの車両。
色々な先達が愛車を積載し、バイクライフを楽しんでいらっしゃる模様。


これにブログ担当Aも乗っかってしまいました!


家族からは、『ドアが自動で開かない』とか『後部座席に乗る時、位置が高い』などと、チクチク言われておりますが、そこはそれ。
色々な妥協点を探った結果、軽ワンボックスに落ち着きました。

我が家の車両は色々な妥協点を探った結果、この手の車両のお約束、倒せばフラットな床になってくれる『ベンチシート』には出来ず、スタンダードなセパレートタイプ。

01844123be16492ed4563e4916c51e0dc2d8f90d8d.jpg
このフラットでは無いシートで載せられるのか?

原付サイズの車両であれば、あまり心配もせずに積載出来ますが、ワタクシの愛車は WR250R(17インチ)
俗に言う『フルサイズのオフ車』と言えるカテゴリーです。
一番のネックは高さ! 天井に収まるかが問題です。

21インチの車両の場合ですと、フロントホイールに一輪車のホイールを装着させ高さを合わせる、なんて猛者もいらっしゃいますが、自分の車両は17インチ。僅かながら高さに余裕があるので、その手法はあえて取りません。

しかし、そのままでは収まらない為、積載前に下準備を行います。

01a893c16d2507c08d5dfbeaa693ece206a77c8c57.jpg01af979fa82a01160df796002104786f2651e95e2b.jpg

まず、フロントフォークを縮めます。

アクスルシャフトが純正で貫通タイプのこの車両。
色々と小細工をして、タイダウンベルトで縮めます。目いっぱい縮めないといけません。

どうやって縮めるのか?
UN-D0101.jpg
via www.dirtfreak.com

俗に言う『モトクロッサー』などの競技車両には、こんな便利な商品が・・・。
UN-D0101 『UNIT フォークプルダウンフック』

アクスルシャフトの六角寸法が合えば・・・・。
残念ながらWR250Rのサイズには合いませんでしたので、別な物を作ってフロントフォークを縮めます。


011e49fafa4de58e366197ea7890ffea599fe87887.jpg

次はラダーレールをクルマに設置!!
01c5570a46bc2b3ea1a41ca8a29970a59ed02c2fdf.jpg

ラダーレールが外れない様にこちらもタイダウンベルトでしっかり固定!


01e9cc9bf41452e61cad4ed1e6fe5e41db8021c516.jpg

こういう『足付き』のタイダウンベルトは、車体がレールに載った際に『たわむ』ので地面から少し浮かせた位置に合わせておくと安心です。


いざ、積込みです!!


01c50ad8c58cf924b8c376f6e4b721aead96222aa2.jpg01766ed065a4439d822729381b2c034f442b7a055d.jpg01a77c60bf091302c46f2549e889a0ed6da46c78bd.jpg01e88b75dc06070d7a870f5fd7c31272cdd235c5ae.jpg01de120c58c87f858d9c99a623507d2128f9344691.jpg01553b45d25b9e03a3130e92991e3e332336d56e11.jpg010d92d9dddf8315bfba92267e8cf0b10ebb52a548.jpg01b219e55a64c13e8a01faceb06c72d99f7af2fcd6.jpg

おりゃぁぁぁっっ!!と、積込みます。

01852acdb63c0982bb2267a48394681f91ea36ccfd.jpg

細かな位置を合わせて、ひと段落。
エンジンを掛けずに人力でやったので、中々の運動です。

0184d5f1c8117612c8629828871b619d5961f671f5.jpg0134494d3f48ed5c09d68cfb0b30dffc8ffeee4a3a.jpg

フロントフォークを縮めておいたお蔭で天井も何とかクリア!

ここで気を抜かず、タイダウンベルトで車両が暴れない様に固定して行きます。

01c4a6e718c6375a6bea5e6fe988a2437098d0d4f2.jpg01d8f9df55d212e7ea3ab2e703ab33d7333f243f1c.jpg
※固定の方法は一例です。車両により、様々な固定方法について工夫が必要です。

最後に忘れてはいけないのが、『後部ハッチが閉まるか?』です。
寸法に問題が無ければ心配ないですが、今回の様にギリギリの場合は注意が必要です!

01909f385f444e8737cf6f6f8a594cad3990612dab.jpg
ローダウンしておいて良かった・・・・、ホント良かった。。。

積載が完了して、油断してバァン!と閉めたらどうなるか・・・?




01cc78311e1167a9dd2e55e848bd7e8c0ae4390646.jpg
ガラスが割れなかっただけまだ良かった・・・

後部ハッチも自分のココロも凹みます・・・・。
軽トランポライフを楽しむ方は、くれぐれもご注意くださいね。


※決められた最大積載重量は遵守しましょう。

S1000RR タイヤ交換

こんにちは!

いよいよゴールデンウィーク目前!

ロングツーリング等を計画されている方も多いのではないでしょうか!

当店はゴールデンウィーク中も休まず営業しています!

タイヤ交換やオイル交換といったメンテナンス作業は当店にお任せください!


今週も当店PITにてタイヤ交換をさせて頂いた車両をご紹介いたします!


車両 BMW S1000RR


S1000RR 全体.JPG


先週に引き続き、ピレリ製「DIABLO SUPER CORSA SC V3」 にて前後タイヤの交換をご依頼頂きました!


V3.jpg


このタイヤは公道走行可能なハイグリップタイヤの中でもかなりレース用のタイヤに近いタイヤで、少し温まりが悪く、温まってないと背犬が発揮されずちょっと扱いづらいタイヤではありますが、温まった時のグリップ力は絶大でサーキットからワインディングまで安心して走れます!


・フロント

S1000RR フロント.JPG

・リア

S1000RR リア.JPG


・前後タイヤ交換費用・

前タイヤ 25,723円(税抜)

後タイヤ39,492円(税抜)

エアーバルブ 2本 760円(税抜)
※ストレート形状 1本380円(税抜)

タイヤ処分料 2本 500円(税抜)
※1本250円(税抜)

交換工賃 (一般車 前タイヤ) 2,200円(税抜)

交換工賃(一般車 後タイヤ) 2,800円(税抜)

――――――――――――――――――――――
合計     71475円(税抜)
※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください。


当店はスーパースポーツ向けのタイヤもたくさん在庫しております!

タイヤ交換をご検討中のお客様は是非当店にご相談ください!


鎌倉市にお住まいのお客さま、タイヤ交換のご相談はぜひナップス横浜店まで!



店舗詳細へのリンク

https://www.naps-jp.com/shop/10028


交換工賃へのリンク

https://naps-jp.com/web/pit/kochin_tire.html


電話番号・お問合せフォーム

https://www.naps-jp.com/shop/10028/contact


※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップス横浜店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:045-853-1171