軽トランポ生活、はじめました

長らく御無沙汰しております、ナップス横浜店ブログ担当Aでございます!

ようやくネタ切れと言う名の冬眠から覚め、執筆させて頂きます!!

さてさて、今回のブログのネタとしましては・・・。

暖かくなってきたこの時期(本日4月27日は生憎のお天気、気温ですが)バイクで色々と出かけたり、バイクを色々とカスタムしたり、バイクを色々とメンテナンスしたくなります。

そんな中、あると便利なのが、【バイクを積載できる車両】です!

海外ではピックアップトラックが主流ですが、湿気が多く、雨もそれなりに多い日本では、ハイエースやキャラバンと言った、箱型ワンボックス車両が定番です。

しかし・・・、車両価格が中々・・・。そして維持費も中々・・・。

家族からは『そんな大きなクルマ運転できないから要らない!』なんてお言葉も・・・・orz


なんとかバイクが積載出来て、ボディ・維持費共にコンパクトな車両は何かないものか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・!!

閃いたブログ担当A

017675b199c41b7f850fc3cce0e6538c05f44983f0.jpg
ハイゼットならぬ、ピクシスです

軽トランポ生活はじめました。


ある意味日本で最も走っている車両ではなかろうか、と言うこの車両。
色々な先達が愛車を積載し、バイクライフを楽しんでいらっしゃる模様。


これにブログ担当Aも乗っかってしまいました!


家族からは、『ドアが自動で開かない』とか『後部座席に乗る時、位置が高い』などと、チクチク言われておりますが、そこはそれ。
色々な妥協点を探った結果、軽ワンボックスに落ち着きました。

我が家の車両は色々な妥協点を探った結果、この手の車両のお約束、倒せばフラットな床になってくれる『ベンチシート』には出来ず、スタンダードなセパレートタイプ。

01844123be16492ed4563e4916c51e0dc2d8f90d8d.jpg
このフラットでは無いシートで載せられるのか?

原付サイズの車両であれば、あまり心配もせずに積載出来ますが、ワタクシの愛車は WR250R(17インチ)
俗に言う『フルサイズのオフ車』と言えるカテゴリーです。
一番のネックは高さ! 天井に収まるかが問題です。

21インチの車両の場合ですと、フロントホイールに一輪車のホイールを装着させ高さを合わせる、なんて猛者もいらっしゃいますが、自分の車両は17インチ。僅かながら高さに余裕があるので、その手法はあえて取りません。

しかし、そのままでは収まらない為、積載前に下準備を行います。

01a893c16d2507c08d5dfbeaa693ece206a77c8c57.jpg01af979fa82a01160df796002104786f2651e95e2b.jpg

まず、フロントフォークを縮めます。

アクスルシャフトが純正で貫通タイプのこの車両。
色々と小細工をして、タイダウンベルトで縮めます。目いっぱい縮めないといけません。

どうやって縮めるのか?
UN-D0101.jpg
via www.dirtfreak.com

俗に言う『モトクロッサー』などの競技車両には、こんな便利な商品が・・・。
UN-D0101 『UNIT フォークプルダウンフック』

アクスルシャフトの六角寸法が合えば・・・・。
残念ながらWR250Rのサイズには合いませんでしたので、別な物を作ってフロントフォークを縮めます。


011e49fafa4de58e366197ea7890ffea599fe87887.jpg

次はラダーレールをクルマに設置!!
01c5570a46bc2b3ea1a41ca8a29970a59ed02c2fdf.jpg

ラダーレールが外れない様にこちらもタイダウンベルトでしっかり固定!


01e9cc9bf41452e61cad4ed1e6fe5e41db8021c516.jpg

こういう『足付き』のタイダウンベルトは、車体がレールに載った際に『たわむ』ので地面から少し浮かせた位置に合わせておくと安心です。


いざ、積込みです!!


01c50ad8c58cf924b8c376f6e4b721aead96222aa2.jpg01766ed065a4439d822729381b2c034f442b7a055d.jpg01a77c60bf091302c46f2549e889a0ed6da46c78bd.jpg01e88b75dc06070d7a870f5fd7c31272cdd235c5ae.jpg01de120c58c87f858d9c99a623507d2128f9344691.jpg01553b45d25b9e03a3130e92991e3e332336d56e11.jpg010d92d9dddf8315bfba92267e8cf0b10ebb52a548.jpg01b219e55a64c13e8a01faceb06c72d99f7af2fcd6.jpg

おりゃぁぁぁっっ!!と、積込みます。

01852acdb63c0982bb2267a48394681f91ea36ccfd.jpg

細かな位置を合わせて、ひと段落。
エンジンを掛けずに人力でやったので、中々の運動です。

0184d5f1c8117612c8629828871b619d5961f671f5.jpg0134494d3f48ed5c09d68cfb0b30dffc8ffeee4a3a.jpg

フロントフォークを縮めておいたお蔭で天井も何とかクリア!

ここで気を抜かず、タイダウンベルトで車両が暴れない様に固定して行きます。

01c4a6e718c6375a6bea5e6fe988a2437098d0d4f2.jpg01d8f9df55d212e7ea3ab2e703ab33d7333f243f1c.jpg
※固定の方法は一例です。車両により、様々な固定方法について工夫が必要です。

最後に忘れてはいけないのが、『後部ハッチが閉まるか?』です。
寸法に問題が無ければ心配ないですが、今回の様にギリギリの場合は注意が必要です!

01909f385f444e8737cf6f6f8a594cad3990612dab.jpg
ローダウンしておいて良かった・・・・、ホント良かった。。。

積載が完了して、油断してバァン!と閉めたらどうなるか・・・?




01cc78311e1167a9dd2e55e848bd7e8c0ae4390646.jpg
ガラスが割れなかっただけまだ良かった・・・

後部ハッチも自分のココロも凹みます・・・・。
軽トランポライフを楽しむ方は、くれぐれもご注意くださいね。


※決められた最大積載重量は遵守しましょう。

DUCATI スクランブラー タイヤ交換

こんにちは!

だいぶ涼しくなってきていよいよ秋のツーリングシーズンですね!

ツーリングの準備はナップス横浜店にお任せください!


今週も当店PITにてタイヤ交換をさせて頂いた車両をご紹介いたします!


車両 DUCATI スクランブラー

メッツラー製 「レーステックRR」にて前後のタイヤ交換をご依頼いただきました!


スクランブラー 全体.JPG


「レーステックRR」は様々な公道レースに実際に投入されて開発されたハイグリップタイヤですが、先日に引き続きご用命いただきました!

公道は砂が浮いていたりいきなり路面が冷えたりと目まぐるしく状況が変化していくサーキットよりも過酷な環境下です。

その中ハイスピードでも駆け抜けられるように開発されたこのタイヤは、ハイグリップタイヤでありながら路面温度の依存が低く公道でも安心してご使用いただけます!


・フロント

スクランブラー フロント.JPG


・リア

スクランブラー リア.JPG


タイヤ前後で¥61,452、交換工賃が¥8,500、タイヤ処分料込みで総額¥70,352となりました!


タイヤ自体がしなやかで接地感がしっかりと得られるうえ、温まりも早いので公道でハイグリップタイヤを履きたい方にはとてもオススメです!

安心安全にラインディングをお楽しみください!


鎌倉市にお住まいのお客さま、タイヤ交換のご相談はぜひナップス横浜店まで!



店舗詳細へのリンク

https://www.naps-jp.com/shop/10028


交換工賃へのリンク

https://naps-jp.com/web/pit/kochin_tire.html


電話番号・お問合せフォーム

https://www.naps-jp.com/shop/10028/contact


見方を変えれば違った世界が見えてくる

暑い日が続いたかと思えば、雨が降って涼しい日が続いたりと今まさしく季節の変わり目ですね!
花粉症なのか、夏風邪なのか、鼻と喉の調子がいまひとつなブログ担当Aでございます。

さてさて涼しくなってくると、寒くなるのもあっという間に感じるのは何故なのでしょうか・・・?(光陰矢のごとしとはよく言ったものですねぇ・・・)

涼しくなってくると役立つアイテムのひとつと言えば自分の中では『フルフェイスヘルメット』に一票です。

頭をすっぽり覆う形状は、防寒アイテムとしても、今日の様な雨の日対策アイテムとしても一役買ってくれます。
また、何より最も安全性の高い形状をしていますので、万が一の時にも安心なんです。

世の中に数多くフルフェイス型のヘルメットは有るものの、どんなヘルメットにしようか悩んでしまう!

例えば・・・
『憧れのレーサーと同じカラーリングに~』
『いざと言う時の為に最高水準の安全性能を~』
『とにかくカッコイイ形の~』

と言う様に、ご自身の中である程度狙いが定まっているのであれば、検討するヘルメットも絞り込めますが、『とりあえずフルフェイスヘルメットにしておこう』と言うフワッとした状態で選び始めると、どれを選んで良いかとても迷ってしまいます。

そんな迷えるアナタに今回ご紹介したいヘルメットがコチラ!!

RYD.jpg
via.www.shoei.com

SHOEI RYD(ショウエイ アールワイディー)

このRYD、黒のパーツが際立つ、独特の雰囲気をもつデザインですが、ライディングシーンを選ばずマルチに使用出来る、正にオーソドックスなフルフェイスヘルメットです。

家族から『ヘルメットはいっぱいあるけど頭はひとつしかないのにね』とチクチク言われているヘルメット好きな不肖ブログ担当A、今回はRYDの事を掘り下げてみますぞ!!

【大柄に見えるが実は軽い】

同じLサイズのZ-7を並べてみると・・・?
01b97dddfbb09c5dafa04e3ecbdfa60484afedd49c.jpg0175672c112a9d25a6518dc48c85f6b010456ed7db.jpg
やっぱりZ-7の方がコンパクトに見える・・・?
実際、SHOEI社が開示している製品の『平均重量』は

RYD Lサイズ:1,464g 
Z-7 Lサイズ:1,385g 
GT-Air Lサイズ:1,524g 
X-Fourteen Lサイズ:1,664g

となっており、『軽量、コンパクトさ』をコンセプトにしたZ-7と区別を付けつつも他モデルよりも軽量だと言う事が分かります。 

【気密性の高いシールドシステム】
0198834c5979e114fe1e8a76425e9b09cf8ac54a32.jpg
他モデルにも採用されている『QR-Eシールドベース』はシールドの密着性を高めるスプリングが用いられており、シールドの開閉に併せてスプリングが伸び縮みする仕組みが取られています。
他社にもオーソドックススタイルなフルフェイスヘルメットがラインナップされておりますが、その追随を許さないクオリティです!
メカフェ・・メカニズム好きには堪らない動きをしてくれますぞ!

【ベンチレーション】

RYD_img02.png
via.www.shoei.com

SHOEIヘルメットは自社工場に大型の風洞実験施設を所有しており、ヘルメットを被った際に起きる騒音の抑制や効果的なベンチレーションシステムの開発に力を入れています。
中でもRYDは前頭部2ヶ所のインテークから風を取り入れ、後頭部2ヶ所のアウトレットからヘルメット内部の熱気を排出します。
さらに、口元にあるロアエアインテークは、取り入れた走行風をシールドの内側に流し、シールドの曇りを解消するデフロスター(結露防止機構)として機能します。

【内装フル脱着可能】
RYD_img06.jpg
via.www.shoei.com

一世代前のオーソドックスなフルフェイスヘルメットだったQWESTは、頬パッドとあご紐カバーのみ交換が可能なモデルでした。
しかしRYDは頭部の内装(センターパッド)も外せる様になり、フル脱着が可能なモデルとなりました!

と、言う事は・・・。

そう、RYDは『パーソナルフィッティングシステム』に対応しております!
PFS.gif
通常のサイズでは微妙に合わなかった部分もバッチリですぞ!

さらに、Z-7を始めとした現行モデルに設けられている『イヤーパッド』も、もちろんあります!
これにより耳元のスペースの調整が容易になっています!

RYD_img07.jpg
このスペースを『どう使うか』はアナタ次第なのです!(お察し下さい)

【ピンロックシート付いてきます】

RYD_img05.jpg
via.www.shoei.com

世界中のヘルメットメーカーがこぞって採用し、もはや『有ると無いでは大違い』と言える様になってしまった画期的な曇り止め機構『PINLOCKシート』
もちろん! RYDのシールドにも取付可能となっています!

016bc819b4f82c516c177e27f5dd2b874774f72213.jpg
しかも、ヘルメット購入時にピンロックシートが付属します!
最初から曇り止め仕様に出来るので、ウレシイですね!!

オーソドックスなフルフェイスヘルメットの中ではかなり機能面で充実したモデルと言えるのではないでしょうか!?

フルフェイスヘルメットを検討中で、やっぱり頭を守るヘルメットは『日本製』が安心!という方には、ぜひチェックして頂きたいモデルです!
また、ブログ担当Aの様に『お出かけ用』のヘルメットとは別に『通勤・通学用』などの『セカンドヘルメット』としてもおススメです(笑)

SHOEIのRYD、ご来店の際にはぜひヘルメットコーナーで実物をご覧になってみて下さいね!

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップス横浜店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:045-853-1171